ビール

肝臓の数値が高まることで、いかに健康にとってリスクが高まるかをお分かりいただけたかと思います。
では、すでに肝臓の数値が高くなってしまった方はどのようにして改善を測れば良いのでしょうか。

数値が高いということは、そこにかかる負担が大きいということが原因として挙げられます。
また、負担がかかるのは、お酒などのアルコールの分解や、タバコの喫煙、お肉や揚げ物などに多く含まれる脂肪分の分解です。
お酒を沢山飲み、たばこを吸い、脂っこい食事を食べるといった生活をしている方は肝臓が弱ってしまっている可能性があります。
このような生活を続けて、臓器を疲れさせていると、やがて肝機能が低下し、肝硬変や肝炎といった命に関わる重大な病気になってしまします。
数値を下げるには、まず脂っこい食事を減らし、アルコールの量を減らすことです。
意識的に休ませる日を週に2~3回設けることで、本来の機能を大幅に回復させることができます。

その他にも、肝臓の働きを助ける様々な成分を摂ることが必要不可欠になってきます。
肝臓の細胞の4割が「レシチン」という物質で構成されています。疲れてダメージを受けている肝臓の細胞の栄養となるレシチンを摂ることで、肝機能がしっかり機能するまで細胞を修復させることが出来ます。

レシチンは、大豆に多く含まれます。なので、二日酔いの次の日はしじみの味噌汁が良のです。
さらにしじみには、オルチニンという成分も含まれています。オルチニンは有害な有害なアンモニアを尿素に変えるなど、感オズにとって嬉しい働きをします。
レシチンとオルチニンが含まれたしじみは、肝臓にとっては最高の栄養源になります。

その他にも、タウリンは脂肪肝に効果があると言われ、イカやタコ、そして貝類なおどにふくまれています。また、ウコンは胆汁の分泌を促進し、お酒を飲む前に摂取すれば肝臓の働きをサポートします。さらに、ホタテに含まれているアラニンという成分は肝臓が持つ分解する能力を高めます。一日に2個を目安にホタテを食することで働きを高めることが出来ます。他にも、亜鉛、マグネシウムなども肝臓にとって嬉しい効果をもたらします。
このように、定期的に休ませて、栄養源となる成分を摂取することで肝機能を高めることが出来ます。
是非、労って健康な日々をお過ごしください。

看護婦

肝臓の健康を図る数値は様々存在します。
代表的なのがALTという数値です。ALTは、肝細胞の中に存在している酵素で、細胞内で生成されます。アミノ酸を代謝したりエネルギーを代謝したりする際に欠かせない働きをします。
肝臓に異常が生じ、ダメージがあると肝細胞からALTが流れだし、血液中に混ざります。
血液検査でALTの数値が高ければ高いほど、肝臓がダメージを受けているということになります。30 IU/L以上ALTが血液中にあると、肝臓に異変が起きていることが考えられます。
この数値が高いと、ウィルス肝炎やアルコール性肝障害、非アルコール性脂肝炎、肝硬変などの病気を引き起こします。早急な改善が必要となります。

γ-GTP(ガンマジーディーピー)という数値も肝臓の健康を図る上で重要です。
γ-GTPは、本来肝細胞や胆管細胞内に存在しています。また、脂肪を分解するのに必要な胆汁内にも存在しています。
肝臓や腎臓で生成される酵素で、タンパク質が体内に吸収される為に働きます。
肝臓に異常が生じると、血液中や胆汁内にγ-GTPが漏れ出します。
主に、お酒の飲み過ぎ、肥満、薬の過剰摂取が原因でγ-GTPが過剰に生成されてしまったことが原因として挙げられます。
51 IU/L以上の数値がると、肝臓に異常が生じている可能性があります。
γ-GTPの数値が高いと、脂肪肝や胆汁うっ滞、胆石症などの病気を引き起こします。

このように、血液検査で肝臓の健康を知る事ができます。以上がある場合は、手遅れになる前に改善するための手段を講じる必要があるでしょう。

乾杯

我々人間は、様々なものを食して活動に必要な栄養を得ています。
食物を分解し、吸収する器官が体内には存在しています。胃や腸がそのような役割を果たし、不要物は便や尿として肛門を通じて排出されます。
しかし、不要物の全てが排出されるわけではありません。
有害な物質が吸収の際に人体に吸収されてしまうこともあるのです。
このような、体内に入ってしまった有害物質や、老廃物を分解して排出する解毒の役割を担っているのが「肝臓」です。
お酒を飲んだ際に、体内に入ったアルコールを分解して体外に排出する働きをするのも肝臓です。お酒を飲まない日を「休肝日」というのは肝臓を休ませるという意味が込められているからです。
また、風邪をひいたり、何かしらの病気になった時に病院で薬を処方されます。用法として、一日2回、朝と晩飲むものや、一日3回、朝昼晩に飲む薬があります。
このように、一日に数回に分けて薬を摂取する理由は、肝臓が薬の成分を有害物質と判断して分解してしまい、体外へと排出してしますからです。
体外へと排出されて体に薬の成分が残らなくなってしまうので、時間をおいて再び摂取しなければならないのです。

また、このような解毒作用の他にも大きな役割を担っています。
それは、「代謝機能」です。代謝機能とは、体内に摂り込まれた脂質、炭水化物、タンパク質などを体内に吸収しやすい物質に形を変えるという機能です。
体内に吸収されるように、分解をしたり、合成を行ったりします。そして、体内に取り込んだ栄養素を貯蔵するといった貯蔵庫としても働きます。
肝臓がこのような働きをすることによって、体内に摂り込まれたエネルギーが筋肉を動かす燃料となるのです。

その他にも、血液中に流れる赤血球や、ホルモンが古くなって機能が落ちてきたら分解をします。さらに、鉄分を貯蔵して血液を生成する際に利用したり、肝臓内にある免疫細胞が血液中の細菌を排除してくれます。
このように、体内を流れ生命維持に必要不可欠な血液を正常に保つという重大な役割を肝臓は担っています。
肝臓には毎分1.5リッターもの血液が巡ってきます。これは、一日に換算すると2000リットルを超える量で、じつに二リットルのペットボトル1000本分もの血液を処理しています。

いかに、健康を維持するのに必要不可欠であることがお分かりいただけたかと思います。
異常が無いかの検査はマメに行なわなければなりません。血液検査などで肝臓が健康なのか以上があるのかの様々な数値を測ることが出来ます。
もしも数値に異常が見られた場合は、早急に改善を行う必要があります。

カレンダー

2014年12月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031